カナダ永住権・概要

(Updated: May - June 2017)
    
カナダ永住権取得アプローチには下記 8 つのクラス・カテゴリーがあります:
 

 1. 投資移民 Investor class: 事業経営者・医師・企業上級管理職・上級専門職
 2. 個人技能移民 Skilled worker class: 専門職・技能職
 3. 技能移民トレードクラス Federal skilled trade class: 専門職・技能職
 4. カナダ経験者クラス "CEC" Canadian experience class": 専門職・技能職
 5. Post Graduation work permit program: カナダ正規留学・正規就労経験者
 6. 企業家移民 Entrepreneur class: 企業家
 7. 自営業 Self-employed class: 自営業者
 8. 家族移民 Family class: カナダ市民権・永住権保持者との婚姻・親の呼び寄せ


 
各カテゴリーの概要:
   
1. 投資移民: Investor class:
事業経営者、企業上級管理職、クリニックまたは医療法人経営、または専門職 (= 医師、弁護士等) の経歴をお持ちの方で、160 万ドル相当以上の純資産 (= 預金、不動産、株式投資、事業資産・簿価、年金等積立等を含む) を有し、一定金額を連邦政府が認可した投資プログラムに 5 年間投資することにより優先的に永住権が発効されます。銀行から無担保で資金融資を受ける CA$200,000.- オプションが指定されております。
 
Note: 上記の必要保有純資産額等は規定変更される場合があります。
 
カナダ移民局: 2017 年 5月更新:
2017年 5月 29日 - 2018年 2月 23 日の期間限定でケベック州投資プログラムの申請受付の再開が決まりました: 2017年・受付再開について ⇒ カナダ投資移民の解説
   
注記:
金額要件は維持されますが、証明書類内容要件 (過去の納税証明関連等) が、更に詳細規定されております。
 
リンク:
カナダ投資移民の詳細の解説:
カナダ永住権とは何か ? Q&A:
ビザ発給迄の手続とプロセス
 
2. 個人技能移民 Skilled worker class (専門職・技能職):
「Skilled worker class = FSW 技能移民クラス・新基準」での受付は 2013年 5 月 4 日に開始されました。「FSW = 連邦技能移民クラス」で「移民後のカナダでの雇用先が決まっており且つ (= カナダ国内で就労中の方が該当する場合もあり)、職種が Skill Level (0、A or B)のケース」及び「カナダ国内の公立大学または公認の州立 & 私立大学で 博士課プログラムの 2年以上のコースに就学されているケース = PhD eligibility stream」は引き続き申請受付が受理されております。

技能移民・連邦スキルドワーカークラス (Skilled worker class) 詳細

 
3. 技能移民 Federal skilled trade class (専門職・技能職):
2013年 1 月 2日に ”Federal Skilled Trade Stream" として発表された新しいカテゴリーです。これはカナダ職種 Skill Level "B" の中の指定された技能分野の "技術職・エンジニア・専門職の方が該当致します。具体的な該当職種は後日、確定発表されます。
 
連邦スキルドトレードクラス (Skilled Trade Class) 詳細 
 
4. カナダ経験者クラス (専門職・技能職): CEC "Canadian experience class":
(Updated - January 2017)
⇒ (基準は頻繁に変更されますので、必ず最新情報をご確認下さい。)

下記 5 つの条件を満たされば申請資格があります:
  1. 永住権取得後の居住地はカナダ国内(ケベック州を除く)であること。
  2. 申請を実行される時点から遡る直近 3 年の間にカナダ国内で 12ヶ月以上のフルタイムの正規就労歴を保有していること (= あるいはパートタイムであってもフルタイムと同じ総労働時間歴であれば認められます)。 "就労経験の職種" については下記 "Note #1" を参照下さい。
  3. 申請を実行される時点でも、カナダ国内で正規就労中であること、あるいは、就労を終了されてから 1 年以内であること。
  4. 前述のカナダ国内での就労が正規就労許可 (= Work Visa) の下での就労であったこと。
  5. 一定基準の英語力を有すること: 英語またはフランス語の内、いずれか得意な方の一ヶ国語の語学力を証明することが必須となります。英語の場合は IELTS (= または CELPIP 等)、フランス語の場合は TEF の Official スコアを提出することが原則必須となります。必要とされる語学レベルは Skilled Worker Class より緩和されます (詳細は下記参照)。
Note #1
前述で規定されている "就労経験" とは NOC (National Occupation Classification) リストに規定された下記のいずれか一つにに該当する職種となります:
 
   > Skill Type  0 (管理職 = Managerial Occupations)
   > Skill Level A (専門職 = Professional Occupations)
   > Skill Level B (技術職 = Technical Occupations & Skilled Trades)
 
 (⇒ NOC リスト・Skill Level)
 
Note #2:
正規就労とはとは "一週間に 30.0 時間以上の有賃金労働に一年間以上従事" と規定されています。これを満たせば "フルタイム" ”パートタイム" いずれも申請可となります。
 
Note #3:
カナダ経験者クラスの語学力・要件 (英語 or フランス語) は職種により分かれております:
> NOC 0 or A の職種: CLB 7 以上。
> NOC B の職種: CLB 5 以上。
( 語学スコア CLB - IELTS ⇒ CLB - IELTS - CELPIP - TEF 換算表 )
 
参考:
CEC Class につきましても今後、細かい基準改定がなされる可能性がございます。現時点で基準を満たされていない方が、基準を満たされる為に今後数年に亘りカナダ国内でキャリアを積まれる等のご準備をされましても、徒労となるリスクがございますので慎重な予測分析をおすすめ致します。
 
重要参考情報 > エクスプレスエントリー・Express Entry System の解説
 
5. Post-Graduation work permit program (就労ビザ ⇒ 永住ビザ):
上記 CEC (= カナダ経験者クラス) に類似しておりますが、カナダ国内の公立大学・カレッジ、または州認可の私立大学・カレッジ・教育機関に於いてフルタイム就学・学位取得後 1 - 2 年のフルタイム就労のキャリアを経験後、永住権申請資格を得ることが出来る場合があります。
 
6. 企業家移民 Entrepreneur class:
事業家移民既に企業を経営している人が、新たにカナダで企業経営に参画することにより永住権が申請できます。経営参加の為の資金、2 年程度の運転資金、生活資金が必要です。 3 年以上の企業経営実績が必要でその決算書、法人納税申告書の提出が必要です。また一定額の資産証明も必要となります。このカテゴリーの永住権は条件付で将来事業が一定の成果をあげた時点で最終的に既得権として認められる形となります。
 
7. 自営業 Self-Employed class:
文化 * 芸術 * スポーツ の分野において一定の実績をあげており、カナダ移住後も, カナダ経済に貢献を果たすと見込まれる人が申請できます。
 
8. 家族クラス Family class:
18 歳以上のカナダ永住権・市民権保持者がカナダ国外に居住する親族の経済的保証をすることにより永住権が発効されるものです。点数審査での判定はありませんが、一定の語学能力が要求される場合もあります。親族の規定は下記の様に明示されております :
  
   親族の規定: 配偶者、19 歳未満の子供、両親、60歳以上の祖父母。


申請からビザ取得迄のプロセスと所要期間:
⇒: 永住権取得迄の フローチャート

CEC Class - News Release (04/23/2012):

News Release . Minister Kenney Announces Proposed Plan to Expedite Skilled Workers' Transition from Temporary to Permanent Residence Winnipeg, April 16, 2012 . To meet Canada’s labour market needs more quickly, highly-skilled temporary foreign workers could soon transition to permanent residence faster than before, Citizenship, Immigration and Multiculturalism Minister Jason Kenney announced today. “Thousands of highly-skilled foreign nationals are working successfully in Canada on a temporary basis,” said Minister Kenney. “Expediting their transition to permanent residence would help Canada retain bright and talented people who already have Canadian work experience and the ability to communicate in English or French. In many cases, they already have job lined up. Such newcomers are set for success.” To make Canada’s immigration system more flexible and even more responsive to our labour market needs, Citizenship and Immigration Canada intends to reduce the work experience requirement for eligible temporary foreign workers applying to stay permanently. One major benefit of the change would be to make it easier for skilled tradespersons working in Canada to transition to permanent residence as their work is often project-based and can be seasonal. Currently, to be eligible to apply, applicants under the temporary foreign worker stream of the Canadian Experience Class (CEC) must have acquired 24 months of full-time work experience within the last 36 months. Under the proposed regulatory changes, the requirement would be reduced to 12 months of experience. The announcement is the latest in a series Minister Kenney has made about transforming Canada’s economic immigration program into a fast and flexible system focused on jobs, growth, and prosperity. Launched in 2008, the CEC offers a pathway to permanent residence . and eventually Canadian citizenship . for international students and temporary foreign workers with highly-skilled Canadian work experience. The CEC aims to support the economic success of immigrants by selecting those who are most likely to succeed in Canada’s labour market. In 2011, a record number of people were admitted to Canada under the CEC. According to preliminary admissions data, 6,022 immigrants were welcomed under the CEC last year, a significant increase in admissions of more than 50 % from 2010. In 2012, 7,000 permanent residents are expected to be admitted through the CEC . more than ever before. “The CEC is a key part of our plan for the future of immigration in Canada, and so it is gratifying to see the dramatic growth in the program since its inception,” said Minister Kenney. Further details about the proposed changes to the Canadian Experience Class will be announced later in 2012. Photo of Minister Kenney will be available later today. Follow us on Twitter (new window to unfollow or login):
 
12/04/23 News Release . Minister Kenney Announces Proposed Plan to Expedite Skilled Workers' Transition
Minister’s Office Citizenship and Immigration Canada
613-954-1064 Media Relations Communications Branch
Citizenship and Immigration Canada
CIC-Media-Relations@cic.gc.ca
Building a stronger Canada: Citizenship and Immigration Canada (CIC) strengthens Canada’s economic, social and cultural prosperity, helping ensure Canadian safety and security while managing one of the largest and most generous immigration programs in the world. Date Modified: 2012-04-16

 
1. オンライン無料カンセリング :
オンライン無料カンセリングを受けていただきます。通常 2 - 4 日以内に結果をお知らせ致します。
 
オンラインフリーカンセリングお申し込み。
 
2. 最終分析 * 確認
カウンセリング後 VISA 申請な可能な方について、当社担当弁護士が最新規定に基づき最終分析を行い、VISA 申請 * 取得に必要な条件と必要費用のご報告を致します。必要であれば弁護士と面接も行います。
 
3. サービス契約の締結
お客様が、最終分析に基づきVISA 申請を行うことを決定された場合は当社とサービス契約を結んでいただきます。
 
4. 各種証明書 * 書類の準備 * 申請書の作成
上記契約締結後、当社弁護士より必要申請書類をお送り致します。この申請書類作成も当社でお手伝い致します。これらの書類作成及び各種証明書取得には通常 3 - 6 週間程要します。
 
5. 申請の実行
申請書類確認後、当社弁護士よりカナダ政府 VISA オフィスに対し申請を行います。
 
6. VISA オフィスから申請受付の確認書受領
VISA オフィスより面接の日時が連絡されます。併せて健康診断に必要な書類も送られてきます。(面接が不要なケースもございます)。
 
7. 面接 * 健康診断
移民局 (= 所在地 : フィリピン、マニラ市、香港、米国 Seattle シアトル市他) で面接を受けていただきます。事前に面接の質問リスト等、当社でお客様のために十分な準備を致します。健康診断は東京にある指定病院で行います。
 
注:
カナダ連邦投資ビザカテゴリーの方の面接は原則、免除となっております。但し、ケベック州選抜 "CSQ" においては面接は必須となっております。
 
8. 面接合格 * VISA の発給
上記プロセスで、カナダ政府に書類を提出してから VISA が発効されるまで通常 18 - 24 ケ月の期間を要しています。面接免除の場合の Total Lead time は 12 - 18 ケ月程度です。
  
行政院写真

 
現在位置: Home > カナダ永住権概要
 
政府認可 投資移民ビザ Desjardins - International Banking Group
 カナダ法律事務所のロゴ
カナダ国, ケベック州弁護士会
Government of Canada
概要
トップページ
移民法の最新データ
永住権の概要
投資移民の最新ニュース
IELTS 英語試験
自動ポイント査定システム
ビザ申請から取得迄のフローチャート、所要期間
カナダ政府認可の銀行, 投資金払い込み
移民弁護士、認定エージェント
アプローチ
質問、回答など FAQ
自分で申請をされる方へ
カナダ大使館における民申請
現地サポートについて
必要な費用について
詳細分析のお申し込み
永住権取得可能性の無料診断
メッセージ
ご挨拶
TCPM 会社案内 About us
お問い合わせ、事務所までのアクセス
お客様からの評価、フィードバック
講演会、セミナー、メディア等
個人情報管理
参考情報リンク
カナダ
不動産、税務
医療制度、教育制度
関連リンク、求職
移住 PNP プログラム
ケベック州
現地法人、会社設立
過去の記事リスト
ブログ - RSS
サイトマップ Site Map
留学に関する
米国グリーンカード 永住権
最新のサイト更新日の表示。
法律事務所ロゴ
サイト検証済 Verified
投資移民の詳細の解説 カナダ大使館での移民申請のサポート