ケベック州投資移民

(概要と解説): 

ケベック州では独自の選抜基準 "Quebec selection - PNP" で 移民受入を積極的に行っております。投資ビザカテゴリーに於いても独自の審査・選抜基準を運用、海外で成功したビジネスマンの方々・医師の方々を優先的に受け入れてきました。
(Updated: May - June 2017)
  ケベック州・モントリオールの美風景

 

カナダ・ケベック州移民局

(2017 年 5月時点の状況):
 
2017年 5 月 29日 - 2018年 2月 23日の期間限定で申請受付再開が決まりました:
> 申請受付枠数は全世界で 1,900 files に上限設定されます。
 (ここ数年同様、開始から数か月で受付枠の上限に達する見込みです。)
> 2017年度受付再開について ⇒ カナダ投資ビザ・最新の情報
 
Note:
ケベック州投資ビザカテゴリーでビザ認可を受ける場合も、カナダ連邦政府指定の健康診断・無犯罪証明チェックのプロセスを経由しますので、ケベック州・モントリオール市以外の都市 (e.g. バンクーバー市、トロント市等) にも制限無く自由に居住・移動が可能です。 

      
ケベック州投資移民・審査パス基本要件 (2017年度):
  1. 金額的な条件 (= 保有資産額 * 投資額) は連邦投資ビザと整合がとられております。新基準に移行する限られた期間のみ、暫定的に旧基準で運用されることもあります。現行は必要保有資産 160万カナダドル相当以上の資産 (= 円通貨の普通・定期預金、または外貨ドル預金、株式投資、事業資産・簿価、不動産、保険解約金等) 保有となっております。
  2. 管理職経験・指定職種については連邦投資ビザとケベック投資移民には細かい差異が適用されることがあり、詳細も数年毎に変更されております。事業経営者・医師 (クリニック・医療法人経営) の方の場合は 2 名以上の方の人員雇用 (= または相当数のパートタイマーの方を雇用)、企業上級管理職の方の場合は組織図・職責に拠り一定の人数以上の人員管掌となります。
  3. 申請時に提出する必要書類はここ数年で詳細規定が設定されております ⇒ 確定申告書控、納税証明、(企業勤務の方は) ご在職証明、クリニック・企業経営者の方は決算書、銀行残高 (取引記録) 証明、証券口座を保有されている方は取引記録、信用登録情報 (ご本人と配偶者の方が該当)、(不動産を資産の一部として申告される場合は) 不動産登記簿謄本・不動産鑑定書等。 
  4. ケベック州投資移民の場合は面接が設定される場合があります。面接はモントリオール市または香港で行われ通訳の同席が認められております。面接ではフランス語・英語の語学力は一切問われません。技能移民 (= Skilled Worker Class) で必須とされている IELTS 等の英語試験の受験も不要です。なお、連邦投資ビザにおいてもフランス語・英語の語学力は原則、不要です。
  5. ケベック州移民局の認可後、カナダ連邦政府による「健康診断・無犯罪証明チェック」のプロセスを経てカナダ永住権が発給されます。
  6. 上記の連邦政府による Security check (= 警察証明証明提出等) を経ることにより、発給される永住ビザは無条件のものとなり、ケベック州以外の州 (e.g. バンクーバー、トロント、カルガリー等) にも自由に居住可能となります。就労ビザ (= 1 - 2 年の有効期限がある) のような条件・制限もありません。
  7. 申請からビザ認可迄の所要期間は、2016年以降、2 - 2.5 年程度の見込みです。
  8. カナダ渡航開始の時期: ビザ発給後は直ちにカナダ渡航・居住開始が可能となります。一方、ビザ認可後も日本国内 (カナダ国外) で企業勤務を希望される場合、ビザ認可から最長で約 3 年間 (ビザ申請からは約 5 - 6 年間) は、日本 (カナダ国外) に引き続き居住・企業勤務が可能です。以降は諸条件により異なります (企業経営者の方の場合、条件により調整されますが、日本国内に保有されている事業はそのまま運営継続される方が少なくありません。

  
詳細・最新情報につきましては 「お問合わせフォーム」からご連絡下さい。
お電話でのお問い合わせ: Call 03-5404-8595
 
注記 #1:
フランス語 中級レベル Official Score 提出可能な方のみ、引き続き申請受理が継続されます。
 
注記 #2:
投資ビザ要件 (保有資産額・投資額) は 2011年に 2倍に引き上げられました。来年度以降は金額要件の再度引き上げ、または資産形成に関連した過去の納税証明書類の要求事項の詳細化が予想されております。
 
関連情報:
2015年 1 月 19 日 ~ 3 月 20 日の期間限定で全世界・総計 1,750 files の申請が受理されました。申請受理手順・Processing は一部変更され、申請受付枠も 1,750 files  (= 2012年度 2,700 files から調整減) に設定・一カ国あたり受付ファイル数は 1,200 files に上限設定されました。

 
注記:
資産要件は今回も維持される見込みですが、納税証明等の内容要件が更に詳細規定されます。
 
申請を検討されている方は最新情報をお送り致します:
詳細はお問い合わせください
 
Note I:
ケベック州投資プログラム経由での永住ビザ取得の場合も他州・市 (バンクーバー、トロント等) にも自由に居住可能です。
 
Note II:
申請書類に於ける「金融資産証明・不動産査定・負債がある場合の算定と申告」は移民法基準に正確に準拠することが申請受理の要件となります。
投資ビザカテゴリーで申請を検討されている方は「基準変更の内容と施行時期 * 証明書類 Validity」を踏まえたご準備が大切となります。

 
ケベック州・モントリオール市について:
ケベック市 (ケベック州) は 1608年に設立された北米大陸で最古の歴史・文化圏を持った都市の一つと言われております。このケベック市を中心に 15世紀からフランスからの入植が始まり、歴史的にフランス文化・生活スタイルの影響を強く受けてきました。 ケベック州の主な都市はケベック市・モントリオール市・ラヴァル市があり航空機産業・化学・ソフトウェア等の分野に於ける世界的企業もありカナダの他州からも人材が集まっております。第一言語はフランス語となっておりますがビジネス分野はじめ通常は、英語も問題なく通用します。
 
過去 70 年に於いて、その内の約 50 年間はケベック州出身の政治家がカナダ国・首相をつとめており政治の分野、更にビジネスの分野でもケベック州出身の人材が活躍しております。
 
日本でも F1 レース、モントリオールオリンピックは知られており、以前は アメリカ大リーグ (MLB) チームも活躍、その他国際的イベントが開催されております。

またケベック州の医療保険は、カナダ国内他州の保険制度よりも保険料率・保険適用範囲等の点で優れたものとなっております。
 
その他、McGill  University といった著名な大学、その他総合大学、 College も優れたプログラムを準備、海外からの留学生の受入れも積極的に行っております。
  
ケベック州投資ビザ
(必要条件の概要・2014年 6 月時点での基準):
 
1. 必要保有資産額:
本人及び、配偶者名義で 160 万カナダドル相当の資産、事業オーナー・クリニック経営医師の方は事業資産も計上可 (⇒ 160万カナダドル ⇒ 約 1 億 4 千万円相当。)

2. 専門職または管理職経験:
直近の過去五年の内、二年以上企業管理職、クリニック経営、病院、経営、専門職 (= 医師、弁護士、税理士等)。
 
Remark:
カナダ投資永住権においては投資金がカナダ・ケベック州政府により全額保証が確約されております。カナダ以外の他の国々の投資永住権には投資先が民間の不動産開発会社等、民間会社によって運用され政府保証がされていないものがございますので注意が必要です。
 
 
関連:

カナダ連邦投資ビザ:


 
カナダ移民申請、新聞コラム I.

 
(過去の参考記事):
ケベック州投資ビザカテゴリー:
(Updated on Oct. 1st, 2007)
2007年度上半期において 205 cases の面接がキャンセルされました。その理由の 50%は面接時に提示する Supporting Document、証明書類が準備できなかったこと、10% は面接開催国への入国が出来なかったこと、15% は時間的都合がつかない、残り 25% は個人的あるいは仕事上の都合によるものです。またモントリオール市での面接実施率はカナダ国外での面接実施率よりも数字となった。この結果に基づき MICC では海外のケベック州ビザオフィスへのオフィサー配置数を増やす予定。
 
Note:
MICC = Le ministere de l'Immigration et des Communautes culturelles
 
Intent of Refusal (= ビザ発給拒否の意向):
これはケベック州投資ビザカテゴリーに於いて面接を行った後に、面接で "認可" が得られなかったケースで、追加で Supporting Document(s) の提示を移民局が求める場合に申請者に通知されるレター書式です。書式は "Intent of Refusal" という形式上タイトルとなっておりますので、初めてこのレター書式を見る申請者の方は少なからずショックを受けます。しかしその後の対応を誤らなければ最終的に良い希望される結果に到達することが可能です。
 
注:
ケベック州投資ビザカテゴリーの記事は "連邦投資ビザ" で申請をされる方には基本的に関連の無い事項です。また日本から "連邦投資ビザ" で申請をされる方は、特別な事例を除き、基本的に面接免除となります。
 
Immigration & Invest Quebec: Documents check list (2014-2015)
    
Verification:
お客様がカナダ永住権を申請される際、カナダ移民局 (CIC) の公式 Website にリストされている機関に対しお客様が直接文書でお問い合わせ・依頼を検討されている法律事務所のステータスについてご確認が出来ます。当事務所はこのようなステータスチェックにも対応致しておりますのでお客様は安心してビザ申請法律業務のご依頼をいただけます。

ケベック州・モントリオールの美しさ

 
現在位置: Home > ケベック州投資移民の解説
 

 
カナダ政府認可 投資ビザ Desjardins - International Banking Group
法律事務所ロゴ
弁護士会
Government of Canada
概要
トップページ
移民法の最新ニュース
永住権の概要と解説
投資移民の最新ニュースと解説
IELTS 英語試験の解説
自動ポイント査定システム
申請から取得迄のフローチャート、所要期間
政府認可の銀行, 投資金払い込み
法律事務所、弁護士
サポート
質問、回答など FAQ
自分で申請をされる方へ
カナダ大使館における移民申請
現地サポートについて
必要な費用
詳細分析のお申し込み
可能性の無料診断
メッセージ
ご挨拶
TCPM 会社データ About us
お問い合わせ、事務所までのアクセス
お客様からの評価、フィードバック
講演会、セミナー、メディアリンク等
個人データ管理
参考リンク
自然資源に恵まれた国
不動産、税務
医療制度、教育制度
関連リンク、求職
移住 PNP プログラム
ケベック州参考
現地法人、会社設立
過去の記事リスト
移民, ブログ - RSS
サイトマップ Site Map
留学に関する
米国グリーンカード 永住権
最新のサイト更新日の表示
弁護士・ケベック州投資ビザのロゴ
サイト検証済 Verified
ビザ申請, 弁護士によるサポート。 カナダ大使館での手続きサポート